フィリピン留学は1週間から留学可能である点が多くの人に受け入れられています。

その中でもセブ留学アカデミーは長期留学(3~6か月)のサポートに定評があります。これには大きく分けて3つの理由があります。

今回の記事ではその理由についてご紹介していきます。

 

理由1・カウンセラー全員が長期フィリピン留学経験者

実際のお客様からの声として、セブ留学アカデミーから発信される情報は「とても詳しく、参考になる」と言われております。

大変ありがたい評判ですが、これは当社代表の早川自身の留学経験によるものであると考えています。

 

2014年10月~2015年3月まで留学を経験

2014年10月~2015年3月まで留学を経験。写真前列中央が早川。

 

実を言うとフィリピン留学エージェントのほとんどの人が、長期でフィリピン留学を経験していないのです。

私たちエージェントは日ごろ語学学校からメールなどで情報をいただいています(新入生の人数、学校内で行われたイベントに、直近の留学生の国籍比率、部屋の空き状況など)。

しかし当たり前ですがそうした情報はどこの会社でも知っている情報に過ぎません。

 

私たちは学校の細かい話はもちろん、現地の治安や美味しいレストラン、週末のアクティビティの情報などもご紹介出来ます。

また当社が日々更新するブログの記事は、日本の留学希望者だけでなく現地で留学中の方からも有益な情報ツールとして高いアクセスを集めています。

 

学校情報もやはり実際に現地へ足を運んで自分の目で見てきた情報が大切。

そのため当社の留学カウンセラーは2か月に1回のペースで現地視察を行っております。これは業界でもトップクラスのペースです。通常は年に0~2回程度と言われておりますので。

ちなみにフィリピン留学はおろか、フィリピンに行ったことすらないエージェントもいるので注意が必要です。

 

学校も定期訪問することで細かい情報を得てくる

学校も定期訪問することで細かい情報を得てくる

 

また長期留学ならではのさまざまな変化についても経験済みなので、お客様にお伝えする事が可能です。

例えば何か月くらい留学するとどれくらいの英語力になるのか、中だるみしそうなときはどうすれば克服できるのか、そうした部分も自分の体験談を交えて話が出来ます。

 

留学後の就職・転職活動のアドバイスが可能

 

DSC03048

大学生だけでなく社会人の留学相談にも乗れることが強み

 

フィリピン留学に対する不安の一つに、「帰国後に何をするか」という事があります。もちろんこれは留学をする前にある程度プランを立てておく必要があります。

そのため当社では、大学生の方を中心に「将来どんな仕事に就きたいのか」、「どんなことに興味があるのか」をヒアリングしたり、社会人の方には「これまでの職務経験」や、「仕事の経験とスキルに英語力を合わせたらどんなキャリアを描くことが出来るのか」をアドバイスすることもあります。

 

こうした目的を明確にしている人とそうでない人では、留学中の勉強に対する力の入れ方が大きく異なります。

留学準備の際に一番大切なことは学校選びではありません。自分の留学の目的とプランを明確にすることが何よりも大切なのです。

 

60を超える提携校から本人に合った学校を紹介

当社では私が実際に足を運んで見つけてきた語学学校のみを扱っておりますが、その数はフィリピン全域に60校ほどあります。

長期留学になると、中だるみしないようにコースや学校を変更することがあります。そのためにも学校選びは重要になります。

一人ひとりのお客様とカウンセリングでお話することで、どうすればお客様が長い留学期間でモチベーションを落とすことなく勉強を続けられるのか、ご提案させていただきます。

 

まとめ

以上の3点がセブ留学アカデミーが長期留学に強い理由です。

せっかく留学の相談をするなら、単なる学校紹介だけでなく沢山の情報を知りたいですよね?

セブ留学アカデミーの説明会カウンセリングは個別で無料で受けられます。

「どうやって留学をすればよいか分からない」という方はお気軽に参加してみてくださいね!

 

お問い合わせはコチラ

フィリピン留学無料説明会はコチラ