フィリピン留学者の声

HOME フィリピン留学者の声 > バギオPINESで英語漬け

バギオPINESで英語漬け

永田貴子/PINESメインキャンパス、チャピスキャンパス
  • フィリピン留学のキッカケを教えてください

    キッカケはアメリカの大学へ留学するために、TOEFLかIELTSのスコアが必要でだったからです。私はスピーキングの試験が対面式のIELTSの試験を選びました。
    まだ日本ではIELTSの対策を行なっている場所は少ないですが、フィリピンではIELTSに特化した語学学校も数多くあるのでフィリピン留学に決めました。

  • 英語の学習についての感想を教えてください

    私は以前にもフィリピンのセブで1週間、カナダのトロントで3ヶ月の遊学を経験しています。今回はしっかり勉強したかったので、バギオにあるスパルタ校のPINESにしました。
    ここでは寮生活で、IELTS対策の授業も一日中あり(グループレッスン(2名):Listening×2時間 , Reading×1, Writing task1×1、マンツーマン Speaking ×2 Writing task2×1)英語以外禁止のEOPの管理も厳しく、まさに英語漬けの環境でした。
    グループメイトと授業以外でも一緒に勉強しました。これはとても心強かったです。

  • 学校生活や現地での生活はどうでしたか?

    初めの1ヶ月半、PINESのメインキャンパスで過ごしました。建物がとても新しく綺麗で、売店やマッサージ店も併設していて便利です。私がいた時はまだ工事も終わっていなかったようで、トイレの水圧が弱かったり、台風のとき部屋が浸水していたところもあったようですが、今は直っていると信じています。
    チャピスキャンパスでは資格対策コースが受けられます。IELTSを教えている先生の評価が特に高く、IELTSを受ける予定が特になくてもIELTSのコースを受けている学生もいました。

  • 最後に、これから留学をする方に向けてメッセージやアドバイスをお願いします

    バギオの気候はとても過ごしやすいです。また、車で1時間半ほどでビーチもあり格安でサーフィンも体験できます。私も週末にスペインの街並みが残るビガンへ小旅行へ友達と行ってきました。勉強も遊びもしっかり体験できます。
    その反面、飲酒禁止などのルールを破って退学になっている学生を何人も見ました。飲酒が禁止ではない学校もあるので、自分の選んだ学校のルールはしっかり守って生活して欲しいです。
    学校の手違いで初日に違うキャンパスに辿り着き、週末で学校のスタッフさんもいない中、理由もわからないまま、早川さんが早急に対応してくださりました。その日の内に本来のキャンパスに移動できました。早川さんがいなかったら、私は初日から授業を受けることが出来ませんでした。ありがとうございます。

CONTACT

フィリピン・セブ島留学に興味のある方、説明会・
カウンセリング希望の方、お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-457-557
メールでのお問い合わせ
PAGETOP
無料説明会 お申し込み・詳しい情報はコチラ