こんにちは!セブ留学アカデミーのハヤカワです。

フィリピンにも少しずつ日本人向けのお店や、オシャレなお店が増えてきた今日この頃。それでも留学生の皆さんは限られた予算内で日々の生活をやりくりしていることでしょう。そんな時に活用したいのはやはり価格の安いファストフード。フィリピン人は脂っこいものや塩っぱいもの、いわゆるジャンクフードが大好き。

フィリピンのファストフードと言えば

フィリピン人なら誰もが知る、いや誰もが愛する国民的ファストフードといえばジョリビー。

そこそこのショッピングモールならまず間違いなく入ってるこちらの赤い看板が目印のお店。

 

国民的ハンバーガーチェーン、ジョリビー!

国民的ハンバーガーチェーン、ジョリビー!

 

マスコットはjolleyなbee(ゴキゲンな蜂)。憎たらしい顔をしています。

おそらくフィリピン人に「この1か月でジョリビーに行きましたか?」と聞いたら半数以上の人が「Yes」と答えるでしょう。中には「昨日行ったわよ」と答える人もいるでしょう。

そして中にはその場でジョリビーを食べながら「Yes」と答える人もいるでしょう!!

 

マクドナルドは?

え?マクドナルドはないのかって?もちろんありますよ!

しかしここで衝撃の事実があるのです。何とここフィリピンは世界で唯一、マクドナルドが国内NO.1シェアをとれていない国なのです。もちろん1位はジョリビー!

最近ではマクドナルドも検討しており、街中いたるところでジョリビーとマクドナルドが近所で顧客の争奪戦を繰り広げています。

 

2011年のフィリピン国何ファストフードシェア。ジョリビー圧勝(笑)

2011年のフィリピン国内ファストフードシェア。ジョリビー圧勝(笑)

 

 

ハヤカワは考えました。果たしてジョリビーとマクドナルド、どちらが上なのか?

検証してみることにしました。

 

フィリピンNO.1ファストフードはどっちだ!?ジョリビーVSマック!

フィリピンの威信を懸けたジョリビーか?

メイドインUSAのグローバルファストフードチェーン、マクドナルドか?

フィリピンVSアメリカ!!これはまさに先のマニー・パッキャオ対フロイド・メイウェザー・JRの戦いの第二ラウンド!!

 

パッキャオVSメイウェザー

戦いの舞台はセブシティが世界に誇る経済特区、ITパーク。まさに今回の世界戦に相応しい舞台と言えるでしょう。それぞれのお店をこよなく愛する2人の英雄がそれぞれお気に入りのメニューをオーダー。

 

マックを愛する男てつろう

マックを愛する男てつろう

 

まずはマクドナルド代表、セブにいったる男(お)a.k.aてつろう。

ITパークより徒歩2分の場所でシェアハウスcaravanを経営する26歳。

好きなアーティストはaiko。

 

ジョリビーを愛する男ハヤカワ。

ジョリビーを愛する男ハヤカワ。

 

続いてジョリビー代表、セブ留学アカデミー経営、ハヤカワ。

ジョリビーが日本でFC展開するならまず地元・岐阜にお店を作りたい28歳。

好きなアーティストは松山千春。

 

マックでオーダー!!

勝負は味だけじゃないです。やっぱりサービスの質が求められますよ飲食店わ。

まずはてつろうがマクドナルドへ。ダブルデラックスバーガーのSサイズを注文141ペソ。日本円にして400円くらいでしょうか。まあまあですね。

 

マックのメニュー

マックのメニュー

 

アクシデント発生!

テイクアウトで頼んだはずの商品をスタッフがトレーにのせてしまうという凡ミス。いや~スタッフの教育制度が充実しているはずのマクドナルドなのにフィリピンに来るとここまで質が低下してしまうのでしょうかねえ。くわばらくわばら。

 

店員、まさかの凡ミス

店員、まさかの凡ミスにもスマイル(0円)で対応

 

ジョリビーでオーダー!!

続いてハヤカワがジョリビーへ。今回は大好物のベーコンマッシュルームバーガーを注文。

 

ジョリビーのメニュー

ジョリビーのメニュー

 

価格は125ペソ。マクドナルドよりも50円弱安いといったところですね。さてとドリンクはコーラを…、と、ここでまたもやアクシデント発生!

 

…え?

こちらもスマイル(0円)で応戦!!

 

「ソーリー、今日はソフトドリンクないのよ」

「え?」

「ソーリー、今日はソフトドリンクないのよ」

「え?」

「パイナップルジュースならあるけど。」

「…じゃあそれで」

 

というわけでまさかのソフトドリンク提供不可という凡ミス。しかもお値段そのまま!

さすがフィリピン!

日本とは全く違う部分でありえないミスが続きます。

 

実食!!

戦いの地、ケンタ!

戦いの舞台はココ!

 

さて、いざ実食といきたいところですが今回の試合をより公平にジャッジすべく、勝負のお店は中立地ケンタッキーとさせていただきました。お詫びにケンタッキーのcrusher(クラッシャー)という名のマンゴーシェイクを注文。

さて、両者同時に実食。こうしてみるとハンバーガーにもポテトにも若干の違いが見られます。ポテトはマクドナルドが日本のポテトに近い感じですが、ジョリビーは少しジョリジョリした感じです。

 

ジョリビーのポテト

ジョリビーのポテト

 

マックのポテト

マックのポテト

 

続いてハンバーガーは、どちらも若干なんだか薄っぺらい印象。例えばダブルデラックスバーガーはハンバーグが2つ入っていますがこの薄さ。うーん。日本とはかなり違う。

 

マックのハンバーガー

マックのハンバーガー

 

ジョリビーのハンバーガー

ジョリビーのハンバーガー

 

しかしジョリビーも負けないくらい薄っぺらい。

これでは甲乙つけられない。困りましたね。ここまで薄っぺらい勝負になるなんて…

 

ゲスト登場!

と、ここで急遽てつろうの友人が合流するとのこと。

近くの語学学校で日本人スタッフを務めている男、おこのぎ氏。

 

ゲストMr.おこのぎ

ゲストのMr.おこのぎ

 

「どーもどーも、あ、僕も注文してきていいですか?」

慣れた動きでカウンターで注文するおこのぎ。

「いや~、僕いつもここのケンタッキー来てるんですよね。」

(やはりこの男慣れている。しかも注文しに行ってすぐにハンバーガーを持って帰ってきた。明らかにジョリビーやマクドナルドに比べて提供時間が早い…。)

 

こちらおこのぎ氏のケンタ。

こちらおこのぎ氏のケンタッキー

 

「いただきまーす。」

「ちょ、ちょっと待て、おこのぎ君。それ何ていうメニュー?」(おいしそう…。)

「あ、ジュニアジンジャーです。僕これいつも頼んでます。」

「へ~、いくら?」(つっても日本でも大体ケンタって高いからな。)

「80ペソ(約220円)です」

「ふ、ふ~ん。」(マジ?超安くね?)

「ちょっと食べます?」

「おいおい、いくらなんでもこの世紀の一戦、部外者に水を差されては困るんだよ。ジョリビーとマック、最強を決める戦いにキミみたいなケンタッキーが、パクッ、あ、うま~い♡」

(ヤベ!声でちゃった!)

 

何と!ジョリビーやマクドナルドより安いセット価格で80ペソ!しかもポテトが太い!

ドリンクがデカい!ついでにハヤカワがオマケで頼んでおいたcrusher、超ウマい!!

 

クラッシャー超ウマい…

クラッシャー超ウマい…

 

判定

というわけで今回の勝者は…

 

 

 

 

 

 

 

 

戦いの舞台はココ!!

 

ケンタッキー!!

いや~まさかでした。今回の戦いは間違いなくジョリビーとマクドナルドの天王山対決だと思っていましたが、ダークホースに勝負を持っていかれました。

さて、これからフィリピン留学をされる皆さん、もしもお金がなくておなかがすいた時は、迷わずケンタッキーへ走りましょう~。

 

ジョリビー&ドナルド

おしまい。

ドナルド

 

————————————————————————————————————————-

他のブログはもっとマジメです(笑)

フィリピン留学・セブ留学なら名古屋のセブ留学アカデミーへ!留学説明会も好評開催中!!

HP: https://www.cebu-55.com/ ※留学説明会予約はこちら

メールアドレス: info@cebu-55.com

電話番号:052-262-5544

————————————————————————————————————————-