こんにちは!セブ留学アカデミーの渋谷です!

SMEAGは3校のキャンパスを持ち、収容人数は最大1000人を超える大きい学校です。

そんなAMEAGの3キャンパスに訪問してきましたので様子をお伝えしようと思います!

 

◆SMEAGキャピタルキャンパスの学校情報はこちらをご覧ください◆

◆SMEAGスパルタキャンパスの学校情報はこちらをご覧ください◆

◆SMEAGクラシックキャンパスの学校情報はこちらをご覧ください◆

 

SMEAGスパルタキャンパス

1校目として建てられたスパルタキャンパスは、クラシックキャンパスと隣接しており同じ敷地内にあります。

一般的なESL(日常英会話)を厳しい学校規則の中で学ぶことが出来るのが特徴で、年齢層は低めで若い方が多いようです。

 

スパルタキャンパスはSMEAGの1校目のキャンパスですが、約1年前に移設し新校舎となっているので校内はとってもきれいでした!

 

DSC01857

 

DSC01854

 

スパルタキャンパスの学生は平日に外出できないので、このようにリラックスしたり遊べる雰囲気があるのは良いですね!

 

DSC01841

 

教室もこのようにピカピカです!

 

DSC01845

 

DSC01846

 

DSC01848

 

お部屋も統一感があり、きれいですね!

シャワーの給湯器がフィリピンでは珍しく、温度設定できるものでした!

 

SMEAGクラシックキャンパス

SMEAGクラシックキャンパスも同じ場所に位置しており、ESLのほか、IELTS対策コースを受講できるキャンパスです。

 

スパルタキャンパスとクラシックキャンパスは同じ敷地内にある為、共有部分もあります。

こちらは食堂です。

一斉に食事をとると混み合って大変なので、キャンパスで食事時間など時間設定が分けられています。

 

DSC01797

 

DSC01799

 

このおしゃれな椅子の廊下を進むと、オフィスがありますがオフィスも作りは同じですが各キャンパス別にオフィスが異なります。

また、それぞれのキャンパスに日本人スタッフが常駐していますので安心です。

学校を案内してもらっている最中にもスタッフさんは学生さんたちと仲良く話したり、体調不良の学生さんに声をかけるなどの場面があり、大きい学校ですがサポート面にも気を付けているようでした!

 

SMEAGキャピタルキャンパス

SMEAGキャピタルキャンパスは他2校と少し離れた場所にあります。

ここでは、ESLのほか、TOEIC、TOEFL、ビジネス英語、を学ぶことが出来ます。

今回、訪問した際にTOEICのオプションクラスを見学させてもらいました。

 

DSC01732

 

こちらは参加自由、人数制限なしのオプション授業です。

その為、20名弱の参加者がいますがオプション授業でこれだけの人数が集まるということもすごいと思うのですが、全員が受け身ではなく、積極的に発言していたことにとても驚きました!

大人数の中で全員が積極的に参加できる雰囲気作りはフィリピン人講師の得意分野だと思います。

 

このように、マンツーマン、少人数制グループ授業も楽しく勉強できることが出来るので、勉強や英語に苦手意識があっても、思い切ってチャレンジしてみてください!

 

また、SMEAGキャピタルキャンパスにはジムやインテリア、フラットな自習室などリラックスしながら勉強できる工夫もされています。

 

DSC01737

 

DSC01738

 

DSC01739

 

SMEAGの特徴とは?

SMEAGの特徴はこの規模だけではありません!

各キャンパスで開講されているIELTS、TOEIC、TOEFL、ケンブリッジの公式試験会場となっています。

いつもの慣れた会場で試験が出来るのは意外と強みであり、学生にとっても大きなメリットです。

多くの学生は、試験会場で定期的に模擬試験を受ける際に色々な席に座り、音響の違いに慣れていき、本番にどの席になっても対応できるよう準備しているそうです。

 

以下、各キャンパスで受けられる試験をまとめておきます!

 

SMEAGで受けられる公式試験と会場まとめ

SMEAGスパルタキャンパスで受けられる公式試験

SMEAGスパルタキャンパスはケンブリッジ検定の公式試験会場となっています。

 

DSC01860

 

SMEAGクラシックキャンパスで受けられる公式試験

SMEAGクラシックキャンパスはIELTSの公式試験会場となっています。

IELTS公式試験を受ける方のみ、月に1回開催される試験担当者の講義を受けることが出来る特典付きです!

 

DSC01804

 

SMEAGキャピタルキャンパスで受けられる公式試験

SMEAGキャピタルキャンパスはTOEICとTOEFLの公式試験会場となっています。

DSC01733

 

DSC01729

 

まとめ

セブではこのように公式試験を受けることが出来ますが、日本とは違い試験開始時間が大幅に遅れるトラブルもあるようです。

また、機器のトラブルなど予測できない問題が起こるのがフィリピンです。

 

そんな時でも、自分が通う学校が会場なら移動の手間もありませんし、開始時間が遅れても部屋で待つことが出来ます。

なにより、慣れた環境で試験を受けるのは、リラックスできるので実力も発揮しやすいです!

こうした部分を重要視されたい方は、SMEAGがおすすめです!

 

◆SMEAGキャピタルキャンパスの学校情報はこちらをご覧ください◆

◆SMEAGスパルタキャンパスの学校情報はこちらをご覧ください◆

◆SMEAGクラシックキャンパスの学校情報はこちらをご覧ください◆

 

 

セブ留学アカデミーでは留学説明会を毎日実施中です!

まずはお気軽にお問い合わせください!

 

line_qr