こんにちは。
セブでお昼から焼肉が食べたい!
そんな時にオススメの焼肉屋さん「楽楽(RAKU RAKU)」を紹介します。

楽楽の焼肉ランチは土日祝日も営業なので、いつでも行けるのもオススメポイント。
また、セブでは珍しい無煙ロースターを使用しているため、匂いがつきにくいです。
匂いが気になる女性や、お仕事の合間でも気軽に行けるのが嬉しいですね。

楽楽の位置情報


楽楽は、A.S.Fortunaストリート、Jセンターモールのすぐ横のバーやレストランが集まっている「Norkis Cyberpark(ノーキス・サイバーパーク)」内にあります。
以前紹介した日本人経営の洋食レストラン、Skilletの横並びです。
真っ赤な焼肉の旗が目印!
こちらが外観です。

楽楽のランチメニュー


こちらがお昼のランチメニューです。
自分で肉を焼く焼肉ランチと、丼ぶりランチがあります。
今回はセブでなかなか食べられない「ユッケビビンバ丼」と、単品で焼肉の「壺けカルビ」を頼みました。

ちなみにランチメニューはナムル、サラダ、スープ、デザート、ドリンク付き!
かなりお得!!

セットのサラダ。
普通にキャベツの千切りとトマトですが、野菜不足になりがちなセブでは嬉しいですね。

ナムルとオイキムチ。
キムチは割と辛かったです。

日替わりスープ。

そしてお待ちかねのユッケビビンバ丼です!!!
野菜たっぷり!
味付けは薄めで、サイドにある焼肉のタレやコチュジャンでお好みの濃さに調節できます。
普通に日本で食べるのと変わらない美味しさで感動。

見た目も鮮やかで何枚も写真を撮ってしまいました。

こちらは単品で頼んだ壺カルビ。(450ペソ)
楽楽の一押しメニューだそうです。

ユッケビビンバランチが300ペソなので、アラカルトはランチより高いですね。

ツボから出してみたらすごい長さでした!
鉄板にギリギリ収まる長さ。

野菜も一緒に焼きました。
厚みが程よくすぐに焼きあがるので、ハサミで切っていただきました。
こちらもカルビなのに脂っこい重さがなく、美味しかったです!

ちなみに焼肉のタレはもちろん、岩塩で食べても美味しいです。
タレは程よい甘さの日本人向けの味。
アラカルトは値段が張りますが、納得のクオリティでした。

最後はセットのデザート。
アイスクリームかフルーツのどちらかを選べます。
アイスにはカラースプレーがかかっていて、なんだかほっこり(^^)

まとめ

300ペソ前後でお昼から焼肉ランチが食べられるのはかなりお得!
味も日本人向けで美味しいので、ぜひ一度行ってみてくださいね♫

もちろん夜は通常の焼肉屋さんとしても営業中。
今回食べてみた壺カルビ以外に、厚切り塩タンも絶品とのこと。
さらに食べ放題も580ペソで楽しむことができます。

楽楽(RAKU RAKU)
住所:Norkis Cyberpark, A.S.Fortuna,Mandaue City
☎️:(032) 383 9703
営業時間:11:30-14:00(ランチ営業)/17:30-22:00(L.O. 21:30)
※2020年3月現在、COVID-19の影響で営業時間が20時までとなっています。
駐車場:あり