2021年12月25日時点のフィリピン留学

なかなか留学が再開されないフィリピン留学。
2020年3月のロックダウン以降、現在に至るまでフィリピンの語学学校は再開出来ておらず、留学に必要なビザの発給もストップしている状態です。
2021年12月25日時点で、フィリピンの就労ビザや配偶者ビザなどを持たない一般的な日本人の入国は認められていません。
またセブ留学アカデミーに問合せをいただいたお客様からは、「他社からは○月から留学ができるからと言われて既に学校の支払いも済ませた」という声もあります。
しかし現時点では「再開の目処も立っていないのに何十万円もの請求をするエージェント」は注意すべきでしょう。

欧米留学の再開で予約殺到!フィリピン留学より安いプランも?


一方でお申込みが殺到しているのが欧米豪留学です。
いわゆる留学先として人気なカナダ、アメリカ、イギリス、マルタ、オーストラリアなどは既に留学生の受け入れが再開されており、ワーキングホリデーの新規申請も殺到しているようです。
当社も数百校にのぼる欧米の学校を取り扱っているため、幅広い問合せを受けております。
今回は私たちセブ留学アカデミーで留学手配ができる欧米豪留学について紹介させていただきます!
フィリピン留学が1ヶ月あたりおおよそ20万円前後となるため、今回はその料金に近い学校も合わせてご紹介します。

人気国①カナダ


学生ビザの長期留学やCo-opのインターンシップ付き留学、ワーキングホリデーに加えて2021年10月から短期留学も再開したカナダ。
治安の良さや街並みの美しさ、自然豊かな風景があることから性別年齢問わず人気の留学先です。

留学2ヶ月の参考費用(バンクーバーCCELの場合) ※料金はカナダドルベース

■入学金…$150
■授業料(Part timeコース週15レッスン)…$2080
■宿泊費用(学生寮シェアハウス)…$1700
■滞在手配料…$230
■教材費…$80

→2ヶ月合計$4240(約385,458円)
※渡航費と海外旅行保険代は含まれておりません。

カナダ入国の条件(2021年12/25時点)

  • ワクチンの接種(2022年1月15日以降はワクチン接種必須となります)
  • 出発前72時間以内に受けた検査の英文陰性証明必須。
    →参考リンクは こちら
  • カナダ入国まで48時間を切ったら「ArriveCAN」というアプリを通して情報提出。Arrive CanはApp store や  Google PlayでDL可能です。また、入国後2週間はこのアプリを使って隔離中の生活の記録を報告する必要があります。
  • オミクロン株対策として、入国後にランダムでPCR検査を受ける可能性あり。検査結果が出るまでは隔離の必要あり。

 

人気国②オーストラリア


2021年12月、ついに日本人の入国再開を発表したオーストラリア。
元々留学やワーキングホリデーで大人気の国でしたが、今回の再開でさらに人気が再沸騰中です。
カナダと同様、ワーホリ再開でビザの申請にも相当な時間がかかるかと思いきや、何と申請から即日発行されたという声もいくつか聞いています!
私たちには姉妹ブランドとしてオーストラリア留学アカデミーがあるため、これまでにも多数の留学サポートを手掛けてきました。
ご興味のある方はぜひお問合せ下さい!

留学1ヶ月の参考費用(ケアンズOHCの場合) ※料金は豪ドルベース

■入学金…$100
■授業料(General Englishコース週20レッスン)…$1380
■宿泊費用(学生寮シェアハウス2人部屋)…$560
■滞在手配料…$265
■教材費…$80

→1ヶ月合計$2385(約202,176円)
※渡航費と海外旅行保険代は含まれておりません。

オーストラリア入国の条件(在日オーストラリア大使館HPより)

観光、知人・家族の訪問、出張・業務の目的でオーストラリアへ渡航される日本のパスポート所持者本人は「オーストラリアETAアプリ」を通してETA(電子渡航許可)を申請しなければなりません。
「オーストラリアETAアプリ」はApp StoreGoogle Playストアから無料でダウンロードできます。
現時点で旅行者はエージェントや航空会社などの代行サービスを通してETA(電子渡航許可)を申請することができません。

人気国③マルタ共和国

コロナ禍でも安定して人気な留学先といえば地中海に浮かぶ島、マルタ共和国です。
格安英語留学といえば「アジアのフィリピン、ヨーロッパのマルタ」と言われるほど、他国に比べて安く留学できるのが魅力。
セブ留学アカデミーでもマルタの語学学校を複数取り扱っていますが、中にはフィリピンの留学よりも安く留学できるプランがあります。

留学3ヶ月の参考費用(LINK School of Englishの場合) ※料金はユーロベース

■授業料(一般英語Groupコース週20レッスン)…€1200
■宿泊費用(学生寮シェアハウス)…€1440
■教材費…€33

→合計€2673(約350,163円)
※渡航費と海外旅行保険代は含まれておりません
※上記料金には8週間以上の申込みで2週間分無料になるプロモが適用されています

マルタ入国の条件

人気国④アメリカ合衆国

多くの留学生が憧れる国といえばアメリカですね。
現在はワクチン接種を条件として、観光ビザ・学生ビザともに入国可能となっています。
ただしアメリカは物価が非常に高いため、やはりフィリピン留学と比較すると相当割高になってしまいますね…。

留学1ヶ月の参考費用(ECロサンゼルスの場合) ※料金は米ドルベース

■入学金…$170
■授業料(General Englishコース週20レッスン)…$1760
■宿泊費用(ホームステイ朝食付き)…$1060
■滞在手配料…$95
■教材費…$40
■海外送金手数料…$31

→合計$3156(約364,500円)
※渡航費と海外旅行保険代は含まれておりません。

アメリカ入国の条件(2021年12/25時点)

  • ワクチン接種済であること
  • 出発前24時間以内に受けたPCR検査の陰性証明必須(ワクチン接種済みであっても対象)。
  • 検査の種類はPCR検査に限らず抗原検査等でも構いませんが、認められる検査の種類を 確認の上で受けるようにしてください。詳細については こちらをご確認ください。

 

当社ではその他の国の留学も手配可能!

今回は主要な留学先をご紹介しましたが、当社では世界15カ国以上の留学先を手配可能です。
ニュージーランドは既にワクチン接種済みであることを条件に2022年4月30日以降の入国受け入れを発表。
また最近はドバイや南アフリカなどのいわゆる「留学新興国」も人気急上昇となっています。
興味のある方はぜひ当社のLINEかWebからお問合せを!

日本帰国後の隔離期間と方法については厚生労働省HPをチェック!

海外への渡航・入国は徐々に緩和されてきていますが、肝心の日本ではまだ帰国後隔離が必要となります。
滞在していた国によって若干隔離のルールが異なるため、事前にチェックしておくことをオススメします。
最も詳しく書かれているのが以下の厚生労働省のWebサイトです。

厚生労働省の水際対策に関する情報はこちら