ワーキングホリデーでオーストラリア、カナダ、ニュージーランドなどに行かれる皆さんは、ワーホリを通じて英語力UPを目指している方が多いですよね。

 

特にその中でもワーホリに行く年齢が上で、帰国後の再就職に不安を感じる方は、TOEICを勉強すべきか気になっているのではないでしょうか?

 

ワーホリに必要なのは日常的な英語表現

結論から言うと、ワーホリ前にわざわざTOEIC対策をする必要ありません。

ご存知のとおTOEICって主に日本や韓国のビジネスパーソン向けに作られたテストです。

なのでテストにはビジネスシーンで使う単語や表現が多く登場しますよね。

 

でもワーホリで必要になる英語って、より日常的な英語なんです。

現地での買い物、家探し、外国人との友人との会話やメッセージのやりとり、仕事など。。。

仕事もサービス業がほどんどなので、大切なのは日常会話や簡単な接客英語ができる、お客さんや外国人の同僚との意思疎通ができることになります!!

 

ではワーホリ前に何を勉強すべき?

英語の4技能は「読む(Reading)」「書く(Writing)」「聴く(Listening)」「話す(Speaking)」です。

 

ワーホリでは特に「話す」「聴く」が重要!

そして「話す」「聴く」ためには、基本的な文法と単語の勉強をしましょう!

いわゆる中学3年間の文法と単語ですね^ ^

 

出発前に自分のレベルを知るという意味ではオススメ

ワーホリに向けてTOEICを勉強する必要はないですが、出発前にテストを受けることはオススメです。

ワーホリ前と帰国後の英語レベルの比較ができるいい材料になります。

 

TOEICは帰国前 or 帰国後に勉強しよう

ワーホリ前、ワーホリ中は実践的な英語を勉強し、いよいよ帰国が近づいてきたらTOEICの勉強を始めてみましょう。

帰国後すぐに就活したい方は、帰国前からの勉強、試験の申し込みがオススメです。

 

ワーホリの仕事でネイティヴの人と話す機会が多い人は、スピーキング力よりも先にリスニング力が身につく傾向があり、TOEICのリスニングパートは高スコアが期待できます。

リーディングパートは試験対策が必要になる問題が多い為、TOEICの勉強はリーディング対策を重点的にしましょう!

 

セブ留学アカデミーではフィリピン留学だけでなくオーストラリア留学やカナダ留学、ワーキングホリデーのご案内も可能です。

ご興味のある方はぜひお問い合わせ下さい!

お問い合わせはコチラ

フィリピン留学無料説明会はコチラ