こんにちは!セブ留学アカデミーです。

今回はお客様からよくいただく質問「フィリピン留学時のお金の持って行き方」について。

お得なお金の持って行き方と、1枚あると超便利な「新生銀行」の国際キャッシュカードの作り方をご紹介させていただきます!

 

お得なお金の持って行き方は??

 

4312707520_a1e2b595f4_b

 

フィリピン留学のお金の持って行き方は、現金、国際キャッシュカード、クレジットカードなど様々。以下に、いろいろなお金の持って行き方を比較してみました。

1.日本円を現地で両替

一番お得!!!

1ヶ月以内の短期留学の方におすすめ

2.日本であらかじめフィリピンペソへ両替

レートが悪いのでおすすめしません。

入学時のオリエンテーション前に現金を使う方のみ、必要最低限を両替しましょう。

3.国際キャッシュカード、デビットカードを使い現地のATMで現金を引き出す

長期留学の方は、現金と合わせて国際キャッシュカードなどを1枚は持って行きましょう!

4.クレジットカードを利用 or キャッシング

クレジットは現地で使えないお店も多いので、現金は必ず用意。

キャッシングはレートがいい場合もある。

 

日本円を現地で両替するのが一番お得とはいえ、長期留学に多額の現金を持っていくのは不安ですよね。

そこで、現金でお持ちいただくのは10万円程度としていただき、あとは国際キャッシュカードで現地のATMから現金を引き出していただくといいでしょう。

 

国際キャッシュカードがおすすめの理由

口座に入れた日本円を海外で現地通貨で引き出せるので、多額の現金を持ち歩く必要がない。

またスリにあったり、現金が足りなくなったなど、いざという時も新生銀行の口座があれば、家族にややこしい海外送金を頼む必要がない。日本の口座に振り込みを頼むだけです。

 

手数料無料で作れる国際キャッシュカードも多く、留学時には一枚用意するのがおすすめです!

もちろんフィリピン以外でも世界200カ国以上で使えますよ。

以下で手数料無料の、新生銀行の国際キャッシュカードの作り方をご紹介させていただきます。

 

新生銀行の国際キャッシュカードの作り方と注意点

 

スクリーンショット 2017-11-11 18.05.52

キャッシュカードは32色から選べます

 

ここでは新生銀行の国際キャッシュカードと呼んでいますが、新生銀行のキャッシュカードが、海外でも使用可能ということ。

銀行のキャッシュカードとは別に、専用のカードを作る必要がありません。

キャッシュカードの作成は手数料無料。新生銀行のホームページ、または店舗で簡単に作れます。

 

手軽に作成できる新生銀行のキャッシュカードですが、一点以下の注意点があります!これを設定しないと海外のATMから引き出しができないので必ずご確認ください!!!

 

※注意点(新生銀行HPより)

新規に口座開設をされたお客さまの海外ATM出金限度額は0円に設定されております。

必ず、事前にインターネット(パワーダイクレト)またはお電話で限度額を変更ください。限度額は0円~10万円(1日あたり)の範囲内でご設定いただけます。

 

まとめ

何かと便利な国際キャッシュカード!!長期留学の方は一枚持って行きましょう!